キャップ不要のノック式油性マーカー

マジックペンのインクはフタ付きのものばかり。インクを出しっぱなしにすると、乾いてすぐに使えなくなってしまうからだ。そんな中でもすぐに使えるノック式の油性マーカーを3本ほど購入してみた。

種類

サクラクレパス マイネームノック

線の太さ
インク 油性染料インキ

線の太さは欠いていない。カタログに実寸幅が載っている。ぺんてるのものと同じぐらいの太さ。

ぺんてる ノック式ハンディS Pentel PEN〈細字〉

線の太さ 0.9mm
インク アルコール系油性染料

唯一の詰め替えカードリッジタイプ。コスパがよくなる。替えカードリッジに黒、赤、青、緑の4色がある。

ZEBRA マッキーノック細字

マッキーといえば、定番中の定番の油性マーカー。どこのお店でもまずこれが置いてあるのではないでしょうか?

線の太さ 1.0~1.3mm
インク 油性染料(アルコール系)

黒、青、赤、緑、ピンクの5色存在する。どこでも買える定番性。

まとめ

普通のメモ帳に書いてみた比較。机の上で普通に書いたときの太さ(筆圧で強く押しつけてはいない)。個人的にはマッキーが一番細くかけると思う。ぺんてるとサクラクレパスの幅はあまり変わらない。

個人的には0.5mmぐらいのノック式が欲しかったがどこも販売してないので、マッキーを利用することにしました。

使い切ったペンを捨てたくないならぺんてるがおすすめ。どうやって取り替えるかはカートリッジを買ってない私には分からなかった。引っこ抜けばいいのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*