Tablacus Explorer とWinRARの連携

WinRARと連携して処理しやすくなるようにする。
自分用Jscriptのまとめ。

まとめスクリプト

WinRARで開く

タイプ:選択項目

オプション:

"D:\Program Files\WinRAR\WinRAR.exe"

フォルダ名で圧縮

タイプ:Jscript

オプション:

var FV = GetFolderView(Ctrl, pt);
var Selected = FV.SelectedItems();
fs = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
sh = new ActiveXObject("Shell.Application");

if (Selected) {
    for (var i = 0; i < Selected.Count; i++) {
	ErrCode = wsh.Run("WinRAR.exe a -r -ep1 -ed -inul -ibck \"" + Selected.Item(i).Path +"\".zip \"" + Selected.Item(i).Path +"/\"*",1,true);
	if(ErrCode  == 0){
		// シェル名前空間でゴミ箱を指定してMoveHereする
		sh.NameSpace(10).MoveHere(Selected.Item(i).Path);
		// 削除完了まで待つ(MoveHereは非同期なので)
		while( fs.FileExists( Selected.Item(i).Path ) ){
			WScript.Sleep(100);
		}
	}
    }
}

選択中の複数のフォルダをフォルダ名で圧縮して、圧縮後削除する。WinRarの機能をそのまま使用すると、圧縮フォルダ内の一番上にフォルダができてしまうのを避けるため。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*