PC用にCreative Bluetooth USB オーディオアダプター BT-W2 を購入した

ずいぶん前に購入しました。PCで使っていて気づいたことを書いていきます。音質とかの点についてはよく分かりませんので、そのあたりは省きます。

コーデック

SBC
標準音質
遅延:220ms(±50ms)
aptX高音質
遅延:70ms(±10ms)
aptX Low Latency高音質
遅延:40ms未満

PCでBluetoothアダプタを使って接続すると

PCでBluetoothコーデックのベースはSBCです。Bluetoothアダプタが安いものや古いものだと、aptX(aptX LLではない)にも対応してない。

SBCも音質が悪いというわけではないですが、動画を視聴したりしていると、時々音ズレが気になったりするコーデックです。

aptXに対応したBluetoothUSBアダプタは、使えるか?

aptXで接続して使うことを考える場合、少なくともサンワサプライのMM-BTUD43は、やめた方がよい。

音楽を流したタイミングなどにaptXコーデックに切り替わるようです。ヘッドフォンで接続モードのライトが変わるものを利用しているとよく分かります。実際に音が発生したタイミングで接続モードの色が変わります。プレイヤーの音を止めると元の接続モードの色に戻る

この切り替わりがあるせいか、YouTubeのページを連続で切り替えたりすると、時々音がぶつ切れ状態になります。Bluetoothの接続をいったん切れば戻りますが、いちいち手間でした。

他のUSBアダプタに関しては、試したことないので不明です。

aptX Low Latencyを利用するには

遅延の少ないaptX LLを使うには、そもそも標準のBluetoothアダプタでは使えない。今回のような系統のアダプタやトランスミッターを使うしかない。

アダプタを増やすなら、ロジクールのワイヤレスヘッドセットでもいいんですが、今回は汎用性の高いBluetoothヘッドフォンを使うことを前提にします。

Creative Bluetooth USB オーディオアダプター BT-W2

コーデックがaptX LLを使うので、音質は向上しますし、遅延も少なくなります。そして、一度接続されれば、常に通信中になります。それ以外で気になったこと。

問題1:常につなぎっぱなしでバッテリーの減りが早い

最初に説明しましたが、常につなぎっぱなしになっております。通信状態が続くので、普通より早くバッテリーが切れる感じがします。

問題2:接続が切れない

PCのUSBは、シャッドダウンしてもスマホの充電をできるように、常に通電できるようになっています。BIOSの設定でシャットダウン後USBの通電を切るようにしないと、延々と接続し続けてしまいます。

ただ、PCのUSBで充電する場合、充電速度が遅すぎるので切ってしまっても問題ないと思います。

問題3:USBアダプタが占有される

オーディオアダプターなので、普通のBluetooth接続はできない。そのせいでUSBが2つ占有されてしまうのが残念。最初からPCゲーミング用ヘッドセットもありかも。

まとめ

あんまりいい感じのことを書いてなかったですが、設定をしっかりした後ですと、十分使いやすい。音質も上がってるし、遅延もなくなってるので、かなりいいです。

PCゲーミングヘッドセットを買ってしまうとそれに縛られてしまう。ヘッドフォンを切り替えやすいのもいい点の一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*